前回自己クリーニング効果があり、魅了的な塗料で光触媒塗料のお話をさせていただきましたが、今回は知っていてほしいデメリットをお話しします

・初期費用が高い: 光触媒塗料は特殊な成分や技術が使用されているため、他の一般的な塗料よりも初期コストが高いことがあります。

・効果の持続性に限界がある: 激しい気象条件や外部要因によっては、光触媒塗料の自己クリーニング効果や抗菌効果は時間とともに効果が薄れる可能性があります。

・特定の汚れには効果が限られる: 光触媒塗料は特定の種類の汚れに対して効果的ですが、油分や特定の有機物など、全ての種類の汚れに対して同様の効果が期待できるわけではありません。汚れの種類によっては、他のクリーニング手段が必要な場合もあります。

・専門的な施工が必要: 光触媒塗料は特殊な成分を含んでおり、施工には専門的な知識や技術が求められます。

・応用範囲が限られる: 光触媒塗料は特定の用途に向いているため、全ての建物や材料に適しているわけではありません。(光触媒塗料には、屋根用の商品は販売されていません)

これらのデメリットを考慮しながら、光触媒塗料を選択する際には慎重に検討することが重要です。