今回はアクリル塗料についてお話しします。

アクリル塗料 耐久性4~7年

塗料の主成分である合成樹脂がアクリル系の塗料です。

外壁塗装に使われる塗料の中では、いちばん安価であり、新築住宅などでは指定がなければ、ほとんどがアクリル系の塗料が使用されています。

アクリル系塗料はさまざまな表面に適用できるため、木材、金属、プラスチック、コンクリートなどに使用することができます。他にも壁、家具、車、船舶、工業製品などに利用されます。色や光沢度などをカスタマイズすることができ、さまざまなデザインや装飾のニーズに応えることができます。

アクリル塗料のデメリット

アクリル塗料は比較的早く乾燥する傾向があり、大きな面積を塗る際にムラや筆の痕跡が残りやすいというデメリットがあります。他にも屋外で使用する場合は、紫外線によって色の変色があります。この変色は美観を損なう可能性があります。このようにアクリル塗料は特定の状況下(高温環境や高湿度の場所)での使用には適していないことがあります。、適切な塗料を選ぶ際には、使用環境に適した塗料を選ぶことが重要です。

以上のメリット・デメリットを考慮して、お住いに合う最適な塗料を選ばれてください。