ペイントホームズ
太田・伊勢崎店

外壁塗装施工の不具合 やり直しは可能か?

外壁塗装の施工に不具合が生じた場合、やり直しは出来るのか?その可否は状況によります。外壁塗装のやり直しは、明らかに業者のミスがある場合に期待されることです。ただし、全ての業者がやり直しを保証するわけではなく、契約内容や保証条件によって異なります。業者のミスが確実であれば、施主は有利な条件でのやり直しを期待できます。ただし、各業者の方針や対応は異なるため、契約前にしっかりと確認し、納得のいく取引を進めることが重要です。

不具合の原因の特定

不具合が発生した場合、まず原因を特定することが重要です。施工の不備、使用した塗料の問題、下地処理の不足など、問題の根本的な原因を把握する必要があります。

業者側のミスによる不具合には以下のようなことがあげられます

・指定の色と違う色で塗られている

・塗り残し

・明らかなムラ

・塗装剥がれ

工事完了後、足場が撤去される前に業者と一緒に塗装仕上がりを確認しましょう。気になる箇所があれば早めに相談すると、足場が残っているうちに修正が可能です。施工中に不安を感じた場合も、足場があるうちに修正を依頼することが良いです。足場が解体された後は再度組む必要があり、追加費用がかかる可能性があるため、早期の対応が重要です。

契約書の確認

施工後の不具合に対する保証や修復に関する記載があるか確認しましょう。

不具合が契約や保証の範囲内であれば、外壁塗装業者と調整を図り、修復を依頼することが可能です。問題が修復可能であれば、再度適切な施工が行われます。

ただし、修復が難しい状況や原因が深刻な場合、やり直しを検討することもあります。特に施工の不備や塗料の品質の問題が根本的な原因であれば、一部分だけでなく全体のやり直しが必要な場合もあります。

問題が解決しにくくなる前に対応することが大切です。業者の対応が難しい場合やトラブルが生じた場合は、第三者機関に相談することも考慮しましょう。

工事が始まる前には、確認すべき事項や自分でできる対策もあります。事前に検討し、問題が発生しないようにするためには、工事前の計画とコミュニケーションが不可欠です。