太田・伊勢崎店

外壁色を選ぶ際の要素とポイント

外壁の色を選ぶ際には、建物の外観や周囲の環境との調和を考えることが大切です。

外壁色を選ぶ際のポイントをお話しします。

コーディネート

外壁色だけでなく、屋根や窓枠、玄関ドアなどの色も全体の印象を左右します。外壁色と他の部分の色を調和させることで、建物全体のバランスや美しさを高めることができます。例えば、外壁が明るい色ならば屋根や窓枠は暗めの色を選ぶなど、バランスを考えながら色を組み合わせることがポイントです。

同系色の選択

同系色とは、同じ色相を持つ色の組み合わせを指します。例えば、赤やオレンジ、イエローなどの暖色系や、青や緑、紫などの寒色系があります。外壁の色を選ぶ際には、建物の雰囲気や周囲の環境に合わせて、同系色を選ぶことが重要です。同系色を選ぶことで、統一感のある外観を演出することができます。

色の濃淡

外壁色の濃淡も重要な要素です。明るい色は建物を広く見せる効果がありますが、同時に汚れや傷が目立ちやすくなります。一方、暗い色は建物を引き締める効果がありますが、暑さを吸収しやすくなるため、気候や建物の向きを考慮して選ぶ必要があります。建物の大きさや周囲の環境との調和を考えながら、適切な色の濃淡を選ぶことが重要です。

外壁材と色の組み合わせ

外壁材の種類や質感も外観に大きな影響を与えます。例えば、レンガや木材などの自然素材を使用した外壁材は、温かみがありますが、色の組み合わせやメンテナンスの難易度を考慮する必要があります。外壁色と外壁材の組み合わせを検討する際には、建物のスタイルや周囲の環境との調和を考えることが重要です。

外壁色を選ぶ際には、同系色の選択、色の濃淡、外壁材との組み合わせなど、様々な要素を考慮する必要があります。建物の特性や周囲の環境との調和を考えながら、バランスの取れた外観を実現することが大切です。