ペイントホームズ
太田・伊勢崎店

高い自由度を誇るジョリパッド外壁の特徴

ジョリパットの歴史は45年以上にわたります。アイカ工業株式会社が製造・販売する壁面仕上げ用の塗材です。最大の特徴は、さまざまなデザインを実現できる高い自由度です。通常、サイディングなどの既製部材を用いる工法は「乾式工法」と呼ばれますが、ジョリパットは湿式工法に分類されます。現場で水などを使って資材を練り、施工することが可能です。ジョリパットは、通常の塗料とは異なり、デザインを加えるための特殊な仕上げ塗材として活用されます。この特性により、建物の外観において独自のアートやデザインを加えることができ、多様な壁面に適用されています。

メリット特徴

ジョリパット外壁のメリットは、その豊富なカラーとデザインのバリエーションにあります。デザインは幅広く、フラットなものからスクラッチ仕上げ、レンガブロック調、石目調など、約100種類ものパターンが用意されています。加えて、コテ、吹き付け、型押しローラーなど、さまざまな仕上げ方法を用いることで、同じ素材でもデザインの多様性を実現できます。

カラーバリエーションも非常に豊富で、ビビッドなカラーから日本の伝統色まで、なんと約180色もの中から選択できます。この多彩な選択肢により、色やデザインの組み合わせ次第で、建物にさまざまな表情や雰囲気を与えることができます。塗り壁の風合いを生かして、個性的で魅力的な空間を演出することが可能です。これにより、建物の外観において自分らしいスタイルや個性を表現できるのが魅力的です。

また、ジョリパット外壁は他の素材とも相性が良く、木やタイルなどと組み合わせることで、より洗練されたデザインを実現できます。異なる素材とのコンビネーションにより、建物の外観に深みとアクセントを加え、周囲の環境に溶け込ませながらも個性を際立たせることができます。

ジョリパット外壁はその多彩なデザインとカラーバリエーションにより、建物に独自のアートをもたらし、使い手に自由度と表現力を提供します。建物の外観をデザインする上で、独創性や個性を大切にしたい方にとって、ジョリパット外壁は魅力的な選択と言えるでしょう。